福島県 福島市の印鑑登録申請について

このページの情報は2011年7月現在のものです。役所のホームページを参照して情報を記載しております。
最新の情報については下記お問合わせ先へご確認ください。
※節電対策のため、受付時間等に変更がある可能性がございます。ご注意ください。

【申請場所・お問合わせ先】

福島市役所 市民課、東口・西口行政サービスコーナー、各支所、茂庭出張所に申請してください。※外国人登録している方は市民課のみ
市民課、各支所・出張所

平日 8:30〜17:00 (土・日・祝日、年末年始を除く)

東口・西口行政サービスコーナー

平日 9:00〜17:00 (土・日・祝日、年末年始を除く)

[お問合わせ] 福島市役所 市民課市民係  電話 024-525-3732
福島市公式ホームページ : http://www.city.fukushima.fukushima.jp/

印鑑登録・実印登録できる方

15歳以上で、福島市に住民登録をしている方、または外国人登録している方。
(成年被後見人を除く)
登録できる印鑑は、1人1個に限ります。


登録できる印鑑・できない印鑑

登録できない印鑑

  • 印影の大きさが一辺の長さ8mmの正方形に収まるものまたは一辺の長さが25mmの正方形に収まらないもの。
  • 住民基本台帳または外国人登録原票に記録または登録されている氏名、氏もしくは名または氏名の一部を組み合わせたものであらわしていないもの。
  • 職業、資格その他氏名以外の事項をあらわしているもの。
  • ゴム印、その他変形しやすい材質のもの。
  • かけていたり、すりへって印影が不鮮明なもの。
  • その他、デザインが特殊なもので、市で定めるもの。



印鑑登録申請の方法

印鑑登録は、本人確認の方法により手続の流れが変わり、登録する方の意思と本人であることが確認できたときに手続きがおこなわれます。

本人が申請する場合
本人の写真が貼付された公的な証明書を提示できる場合
印鑑登録証を即日交付してもらえます。その日に印鑑登録証明書の発行も可能です。

[ 必要なもの ]

○登録する印鑑
○本人であることが確認できる公的な証明書

  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 運転免許証
  • その他官公署が発行した免許証、許可証又は資格証明書(本人の写真が貼付されたものに限る。)
    • ・海技免状
    • ・電気工事士免状
    • ・無線従事者免許証
    • ・動力車操縦者免許証
    • ・耐空検査員の証
    • ・船員手帳
    • ・戦傷病者手帳
    • ・教習資格認定証
    • ・検定合格証
    • ・身体障害者手帳
    • ・航空従事者技能証明書
    • ・宅地建物取引主任者証
    • ・猟銃・空気銃所持許可証
    • ・特殊電気工事資格者認定証
    • ・運航管理者技能検定合格証明書
    • ・官公署(独立行政法人及び特殊法人を含む。)がその職員に対して発行した身分証明書
  • 外国人登録証明書
保証人により本人に相違ないことを保証された書面を提出できる場合
印鑑登録証を即日交付してもらえます。その日に印鑑登録証明書の発行も可能です。

[ 必要なもの ]

○登録する印鑑
○保証人により印鑑を登録する方が本人に相違ないことを保証された書面 ※印鑑登録申請書の保証人欄に、既に福島市に印鑑を
登録している保証人が署名し、登録している印鑑が必要。

回答書を提出する場合
本人であることが確認できる公的な証明書などをお持ちでない方は回答書により本人であることの確認がおこなわれます。
印鑑登録の申請を受付した後、印鑑登録の意思を確認するため本人宛に照会書が郵送されます。その回答書を提出すると印鑑登録証が交付されます。即日交付はできません

[ 必要なもの ]

■申請時
○登録する印鑑

■回答書持参時
○登録する印鑑
○本人であることが確認できる公的な証明書 市長が適当と認める書類 : 地方公共団体が交付する療育手帳・敬老手帳・生活保護受給者証等又は健康保険の被保険者証、各種年金証書(手帳)等本人であることが確認できる公的証明書

代理人が申請する場合
印鑑登録をする本人から委任された代理人が申請する場合
代理人による印鑑登録の申請を受付した後、印鑑登録の意思を確認するため本人宛に照会書が郵送されます。その回答書を代理人により提出すると印鑑登録証が交付されます。即日交付はできません

[ 必要なもの ]

■申請時
○登録する印鑑
○代理権授与通知書(本人自署押印のもの)
○代理人の印鑑

■回答書持参時
○登録する印鑑
○代理権授与通知書(本人自署押印のもの)
○代理人の印鑑
○代理人の本人であることが確認できる公的な証明書、もしくは、その他官公署が発行した免許証、許可証又は資格証明書

  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • 運転免許証
  • その他官公署が発行した免許証、許可証又は資格証明書(本人の写真が貼付されたものに限る。)
    • ・海技免状
    • ・電気工事士免状
    • ・無線従事者免許証
    • ・動力車操縦者免許証
    • ・耐空検査員の証
    • ・船員手帳
    • ・戦傷病者手帳
    • ・教習資格認定証
    • ・検定合格証
    • ・身体障害者手帳
    • ・航空従事者技能証明書
    • ・宅地建物取引主任者証
    • ・猟銃・空気銃所持許可証
    • ・特殊電気工事資格者認定証
    • ・運航管理者技能検定合格証明書
    • ・官公署(独立行政法人及び特殊法人を含む。)がその職員に対して発行した身分証明書

  • 外国人登録証明書
  • 市長が適当と認める書類 : 地方公共団体が交付する療育手帳・敬老手帳・生活保護受給者証等又は健康保険の被保険者証、各種年金証書(手帳)等本人であることが確認できる公的証明書

印鑑登録証明書の申請について

印鑑登録をすると印鑑登録証が発行されます。本人(又は代理人)が市民課、東口・西口行政サービスコーナー、各支所、茂庭出張所のいずれかで申請をすれば印鑑登録証明書がとれます。代理人が申請する場合は、代理人の認印が必要です。(委任状は不要)

手数料は1通300円です。


登録した印鑑や印鑑登録証の紛失、登録を廃止・変更したい場合

印鑑登録証をなくしたとき
事故防止のため、至急印鑑登録証亡失の届出をしてください。印鑑登録を抹消してもらえます。届出をする際は、認印をご持参ください。
印鑑をなくしたとき
印鑑登録廃止の申請をしてください。申請をする際は、廃止したい印鑑登録証と認印をご持参ください。
氏あるいは名を変更したとき
婚姻などにより、印鑑の氏名が変更になった場合は自動的に印鑑登録は抹消されます。印鑑登録証は窓口へ返却しましょう。
亡くなられた時
死亡の届出により、印鑑登録は抹消されます。印鑑登録証は窓口へ返却しましょう。

引越しをしたとき

福島市内での引越し
転居の届出をすることにより自動的に住所が変更されます。
印鑑登録証はそのまま使えます。
福島市外への引越し
転出の届出をすることにより自動的に印鑑登録が抹消されます。
印鑑登録証は窓口に返却となります。

このページに記載している内容は、福島市のホームページより引用・参考にしております。(2011年07月現在)
ご質問、詳細につきましては直接、市民課市民係までお問い合わせください。
[お問合わせ] 福島市役所 市民課市民係  電話 024-525-3732

わかる!印鑑登録



▲ページトップへ戻る